動画配信サービスの選び方を紹介!
動画配信サービス比較完全ガイド-どこよりも詳しいVOD大全集-
  1. 見たいコンテンツや視聴スタイルに合わせて!動画配信サービスの選び方

失敗しない動画配信サービスの選び方を紹介!

動画配信サービスの作品数はどうやってチェックするの?

動画配信サービスの作品数はどうやってチェックするの?

動画配信サービスの宣伝文句としてよくあるのが、「日本最大級の作品数、●万本!」のようなもの。

そんなに見られるんなら、契約しようかな…と思っているアナタ、ちょっと待った!

宣伝文句としては決して間違っていないのですが、ここは注意が必要なところ。動画配信サービスの売りとしては、「作品数の多さ」ともう一つ、「定額見放題」というものがあります。間違えて欲しくないのは、「作品数=見放題」というわけでは必ずしもない、ということ。完全見放題の動画配信サービス以外はほとんどが「定額見放題+一部有料」の料金設定です。仮に総作品数が20万本あったとしても、定額見放題の範囲で見られる作品数は1,000本しかなかった…なんてことがありますので、事前に無料登録などで確認して下さいね。

動画配信サービスの料金はどうやって比較するの?

動画配信サービスの料金はどうやって比較するの?

動画配信サービスを利用するためには月々決まった金額の支払いが必要となりますが、中には年額いくら、というサービスもあり一概には比較しにくいですね。そこでオススメなのが、一度月額に換算して比較するということ。例えばAmazonプライムビデオは月額400円、年間契約の場合は3,900円で月割りにすると325円とちょっと割安になるのですが、ここは敢えて月額の400円で比較を。なぜなら、動画配信サービスは登録してみないと見たい作品がどれだけあるのか正確にはつかめないケースがあり、場合によっては1ヵ月で解約してしまう可能性があるからです。月額が安くなるなら、といきなり年間で契約してしまって「思ったより見なかった…」なんてことになったらもったいないですからね。

動画配信サービスのドラマのラインナップはどうやってチェックするの?

各社しのぎを削っている動画配信サービス市場ですが、それぞれに得意分野があるのをご存知でしょうか。新作に強い、海外ドラマに強い、アニメに強い、オリジナルに強い…それぞれに特徴があります。もちろんコンテンツ数が多いというのもとても強い特徴ですが、もしも自分が見たいジャンルが明確なのであれば、そのジャンルに強い動画配信サービスを選ぶという基準もアリだと思います。例えば女性に人気の韓流ドラマですが、それであれば「韓国」として検索メニューにジャンルを掲げているビデオマーケットがオススメですし、日本のドラマを見たいという方であれば日本テレビ傘下のHuluは楽しめそうですね。

無料お試し期間中に観たい映画が揃っているか確認するのも手

いまはネットでなんでも検索できる時代ですが、百聞は一見に如かずということでやはり一度体験するのが良いと思います。幸い動画配信サービスは各社期間の長短はあれ、ほとんどが無料お試し期間を設けています。2週間から1か月程度の幅はありますが、一度無料期間で登録してみて、1週間のうちに自分がどの程度動画配信サービスを利用するかを見極めることが、一番失敗しない方法ですね。同時に数社の無料期間で登録して、そのラインナップを一気に比較する方法もありますし、一社の無料期間が終わったら次のサービスの無料期間に登録して、とりあえず長期間無料で試してみるという方法もあります。選び方は人それぞれ、いずれにせよ、視聴環境も含めて一度無料登録してみることをオススメします!

PAGE TOP